姉妹2人でするダイエットのメリットとデメリット。1人が挫折した場合のリスクを考える。

一緒に暮らしている姉と2人でダイエットした時の事です。2人だと食事制限もしやすく、結束力で乗り切れるのではないかと思い一緒に始めたのですが、それはどちらかが挫折した場合もう1人も脱落するリスクをはらんでいます。夕食の炭水化物抜きメニューを始めて2週間ほど経った時、姉が体調不良を訴えました。病院で検査してみると、胃にピロリ菌がありその治療を始めるためにダイエットを断念しました。1人で続ける事も出来ましたが、そこはメンタルの弱さで止めてしまいました。数年後、また2人でダイエットを始めた途端持病の痔が悪化。初めての肛門科を受診して即入院、手術する事になりました。もちろんダイエットは中止です。しかし、入院中に食生活の改善を痛感させられ、退院してからも極力自炊による食事を続けていると、2ヶ月で2人とも3kgは減っていました。ダイエットではありませんが、痩せる事が出来てちょっと得した気分になりました。