思春期ニキビに悩まされ、今では生理前のニキビと大人ニキビび悩まされています

思春期は頬と額のニキビがひどく、市販の洗顔や薬が効かなかったので、高校生から20歳まで皮膚科に通っていました。皮膚科の飲み薬の使用をやめると、薬で抑えていた反動なのか、額のニキビが最大に増えたこともありました。20歳を超えた頃から、額のニキビはできなくなり、頬のニキビは生理前と暑い夏にしかほとんどできなくなりました。 しかし、社会人になった23歳の頃から、環境の変化から感じたストレスなのか、生理前の口周りのニキビがひどくなり、フェイスラインには治りにくく、繰り返しできる大人ニキビができるようになりました。 皮膚科に通いましたが改善されず、医師に勧められたチョコラBBを飲み、自炊するよう心掛け、1日2回のラジオ体操で便秘を改善することで、化粧でごまかせる程度には治りました。ニキビの最大の原因はストレスなので、なるべく発散できるように、休日はよく趣味のカラオケに行くようにしています。